通いながらがん治療を受ける時代がやってくる?

最新がん治療の研究は飛躍的に進歩している

日本にはがん患者がたくさんいらっしゃいます。がん患者の闘病生活はとても大変でメンタルもくじけそうになることがあります。しかし、最新医療の免疫療法はこのような闘病生活が軽減出来る可能性を秘めた医療です。このサイトでは免疫療法について分かりやすくまとめているので、ぜひ最後までお読みくださいね。

がん治療とは

診察

現在のがん治療法

現在のがん治療方法は大まかに3種類あります。外科療法・放射線療法・化学療法です。外科療法とは、がんが出来ている部分とその周辺を手術によって取り除く療法です。手術で一気に取り除くことが出来る反面、手術箇所によっては複雑で難しい手術になる場合もあります。小さければ摘出範囲も小さくなりますので、手術を勧められたらなるべく早めの決断を行うことが大切です。手術になかなか踏み切れないなら、セカンドオピニオンなどを受けてみることもおすすめです。
次に放射線療法です。放射線をがん細胞に浴びせて、がん細胞を消す療法です。がん細胞を死滅させるだけでなく、がんによる痛みを軽減させる効果もあります。
最後は化学療法です。化学療法は注射や点滴などで体内の小さながん細胞にアプローチして死滅させる療法です。例えば、手術で切除出来ない小さながん細胞や、手術の後に少し残っていたがん細胞をやっつけたり、再発を防ぐために行われる療法です。ただし、化学療法は副作用が強いので、それを乗り越えるまでは気持ちをしっかり持つことが大切です。

免疫細胞療法

免疫細胞療法という言葉を聞いたことがありますか?最近では免疫療法なんて言われることもあります。免疫細胞療法とは主にがん治療などに効果が非常に期待されている最新医療のことをいいます。受けられるがんの種類も様々で、乳がん検診で見つかった乳がんや、胃がん、担のうがんなど、他にもたくさん治療を施すことが可能です。
この免疫細胞療法の仕組みについてですが、そもそも免疫とは体内に異物やがんなどの細胞が生成される時に、真っ先にやっつけにきてくれるとても頼れる細胞です。がん細胞はこの免疫細胞によって倒されて死滅していきますが、何らかの原因で免疫力が低下してがん細胞をやっつけることが出来なかったり、がん細胞のパワーに負けてしまってがんを発症することがあります。免疫細胞療法では、人工的に体内にいる免疫細胞に働きかけて免疫細胞を強くしていき、本来の免疫細胞としての働きを取り戻させたりすることで、がん細胞をやっつけるといった療法です。自分の体内にいる細胞に働きかけるので、副作用も少なく、体力のない方でも受けることが出来ます。

免疫細胞はとっても大事

患者

免疫細胞の役割と利点

このページでは免疫細胞療法のメリットや免疫細胞の詳しい解説、免疫力を上げる食材をまとめています。がんでない方もぜひがん予防の参考にしていただけたらと思います。免疫力を上げてがんをやっつけましょう。

READ MORE

病気は小さな内に発見しよう

日本人の死因第1位は、皆さんご存じのがんです。がんは早期発見をすれば完治する可能性が高くなります。がんや病気を小さい時に発見出来れば生存率もかなり上がりますので、受けておくべき検診を何個かまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

大人になったら受けておきたい検診

  • 脳ドック
  • 婦人科健診(乳がん検診・子宮頸がん検診)
  • 各種がん検診
  • 骨粗しょう症検診
  • 歯科検診
  • 血液検査

[PR]

免疫細胞療法の内容を確認
抱えている悩みをすぐに相談

がん治療の相談
色々な質問に応えてくれるクリニック

乳がん検診の適切な期間
生存率を向上させる情報を確認!

免疫療法の効果がすごい。
身体に負担のない治療♪

[PR]

広告募集中