免疫細胞の役割と利点|免疫細胞療法はがん治療に大きな希望を照らす最新医療!

がん治療のポイントは免疫力にあった

免疫細胞の役割と利点

患者

免疫細胞療法のメリット

がん治療の免疫細胞療法にはいくつかのメリットがあります。例えば、副作用がとても少ないことです。抗がん剤治療や放射線治療などの現在のがん治療には大きな副作用が伴います。しかし免疫細胞療法は、自分の細胞を使って治療を行うので副作用を感じることは少ないです。副作用がないことで体力がない高齢者や持病をお持ちの方でも受けることが可能です。また、免疫細胞療法は細胞の免疫力を上げるものなので、がん治療を続けて患者の体力が免疫力自体がなくなっても、免疫療法で免疫力を回復させたり、効果を高めることが可能です。免疫細胞は注射などで打つことが出来るので、通院で治療を行うことが出来ます。入院することで周囲に心配されるのが嫌という方や、迷惑をかけたくないという方にとっても助かりますよね。

免疫細胞達について

免疫細胞にはたくさんの種類があります。大きく分けると、自然免疫細胞と獲得免疫細胞があり、前者は元々あなたの体内にいる免疫細胞のことです。この自然免疫細胞がいるおかげで周囲の細菌から身体を守ることが出来たり、ウィルスと闘うことが出来ます。後者は自然免疫細胞でやっつけることが出来なかったものに対して発動する免疫細胞です。獲得免疫細胞は一度闘うと相手のデータを記憶して次に侵入してきた時に、そのデータを元に二度とやられないようにする働きをしてくれます。例えば幼いころにはしかにかかると大人になってかかることはありませんよね?このように一度かかったらもう二度とその細菌にやられないようにすることが出来るのが獲得免疫細胞です。がんとはこの免疫細胞達が上手く働いてくれなかったり、何かのきっかけで免疫力が低下してしまうことで起こります。なので、この免疫細胞達が本来の持っている力を発揮することでがん細胞をやっつけてくれることに繋がります。

がん治療には免疫力が重要

このように免疫細胞の役割はとても重要であることが分かりましたよね。免疫細胞が頑張ってくれているから我々は健康に生活が出来ています。なので、日頃から免疫細胞を増やしたり、質を高める食材などを摂取したりすると免疫力アップが出来ます。次に免疫力を上げてくれる食材をご紹介します。

がん治療中の免疫力を高める食べ物

海藻類

メカブや昆布の海藻にはネバネバとした粘着がありますよね?このネバネバの正体はフコイダンと言われているもので、食物繊維が豊富に含まれていて、免疫力を高めてくれる効果があります。このような海藻類は腸内環境を綺麗にしてくれる効果があります。

きのこ類

免疫機能でとても大切な役割をしているマクロファージやリンパ球を活動的にしてくれるBグルカンというものが、きのこ類には含まれています。マクロファージやリンパ球は刺激されると免疫力が上がります。なので、きのこ類は多めに摂取しましょう。アレルギーや癌細胞が増えるのを抑制してくれます。

にんにく

にんにくには抗酸化作用という働きがあり、血栓予防や発がんリスクを低下させるなどの素晴らしい働きをしてくれます。スタミナも付く食材なので、がん治療中の方にとっては摂取して頂きたい食べ物です。がん予防に最適な食材なので、普段から食べるのもおすすめです。

温めたバナナ

バナナは、白血球を増加させ、質も高めてくれるといった効果があります。ただし80℃の熱を加えてることが大事です。バナナを温めることで白血球の質があがり、免疫力を上げるポリフェノールも増加します。それに加え腸内環境も綺麗にしてくれます。

広告募集中